すくい金魚

ギンちゃん5歳☀️金魚と花と食べ物メインです🎵

隔離② 病原菌 ウィルスの可能性

 

朝7時、外水温20.4℃☁️

 

 

さっきほんのちょっと日が出て来て~🌥️ 今朝はやっと、屋外トリちゃんの部分換水しました🙂

 

 

おととい7/13の記事からの続きです(^^; まとめたので長いです😵

 

 

6/29 前日に黒い子ではないもう1匹もイマイチに見えましたが、その子ではなく、今日は赤い大きい子が背ビレを倒して、ヒステリックな動きが見られます💦

 

晴れた日で、午前中は問題ないように見えたのですが、午後に入り水温が少し下がっていく頃のことです。黒い子たちが弱ってるように見えたのも、夏日で晴れた日の夕方のことだったので、水温差がこたえているのだろうか…🌡️

 

これはやはり、全匹療養が必要かも…としばらく悩んだのですが、結局、再び一匹だけ、赤い大きい子を室内へ移動しましたm(_ _)m

 

今度は、初日0.3%にすることにしました。

 

 

f:id:funaosarasa:20200630160027j:plain

 

 

f:id:funaosarasa:20200630160121j:plain

 

 

f:id:funaosarasa:20200630160151j:plain

 

 

f:id:funaosarasa:20200630160229j:plain

 

 

f:id:funaosarasa:20200630160302j:plain

 

 

f:id:funaosarasa:20200630160339j:plain

 

 

f:id:funaosarasa:20200630160420j:plain

 

 

f:id:funaosarasa:20200630160500j:plain



ゆっくりと注水中…背ビレも立っているし、興味津々に?動いてました💨

 

そして…最初は問題なさそうでしたが、半量の水換えで塩水を入れ始めたら、段々と背ビレが倒れていったのです…(点滴のようになっていたようで、0.3%になるまで4~5時間?かかりました)。

 

泳いではいますが、夜になっても背ビレは倒れたまま…。そっとしておくしかありません。

 

 

6/30 水換えなし 0.3%

 

多少フンも落ちてますが、水換えが負担になる状態に見えるので(>_<) しばらく触りません…。背ビレは倒れたままでも、一応泳いでます。

 

 

f:id:funaosarasa:20200630161407j:plain

飼い主を見て こっちにも泳いで来ますが…

 

 

f:id:funaosarasa:20200630161249j:plain

せめて三方向カバーして暗くしました…

 

 

f:id:funaosarasa:20200630161455j:plain

やはり背ビレ 元気ない…

 

 

0.3%の塩水から始めて一晩経ちました。元気になっている様子はありません。今度は、確実に塩で元気を無くしました⤵️⤵️ 昨日の様子(前半の写真)、 塩と半量の水換えに耐えられないほどの金魚だったでしょうか…❓️

 

 

昼、座り込んでます。

 

夜、たまに泳ぎ出してましたが、背ビレは倒れたままです。

 

 

7/1 時折、思い出したように泳いでは、水槽のすみっこに座り込んでます。口先が…黒くなってます😰

 

管理しやすいようにバケツに移動し、半量の水換え(0.3%)を始めましたが、これは…あの、見えない寄生虫?か、やはり何かの細菌なのでは…と考えて、ゆっくり落としている換え水に、さらに塩を20g足し、総量10リットルが0.5%になるようにしました。

 

 

0.5%で1匹亡くしたばかりなので、さすがにちょっと悩みましたが、0.3%では万一寄生虫・細菌類は駆除できないし、丸一日以上、0.3%で様子を見てからなので、急激に悪化することはないだろうと…。病原菌は特定出来ませんが、多くは0.5%が効く、という情報も見ました…。

 

 

f:id:funaosarasa:20200701160834j:plain

 

 

f:id:funaosarasa:20200701160902j:plain

 

 

f:id:funaosarasa:20200701160929j:plain

 

 

f:id:funaosarasa:20200701160958j:plain

 

 

f:id:funaosarasa:20200701161024j:plain

 

 

同じく、泳いではいますが背ビレは倒れていて、弱い感じは変わりません…。

 

 

7/2 水換え 半量 0.5%

 

水換えによって、フラフラ度が増したかもしれません…。

 

 

最初に0.3%の塩に入れたら元気を無くし、しかし、治療効果はないため、さらに0.5%にしましたが、またしても良くない……。

 

真水に入っていた時はまだ大丈夫そうに見えたけれど、すでに免疫力は枯渇していて、塩は効果なし❗だったのか。逆に、塩への変化がこたえて?悪化したのだろうか…。

 

 

昼、とうとう座り込んでます。たまに狂ったように泳いでいる。0.5%の塩水浴自体が良くないのか、何かしらの菌か虫が、すでに身体の中に入り込んで悪さをしているのか…色々と思いを巡らします😥

 

夕方、ウロコが数枚、落ちて、ました…。

 

 

7/3 水換え 半量 0.5%

 

水換えを一日おこうかと思いましたが…さらに数枚どころか、あまりに多くのウロコが落ち…水も少し臭う気がしたので、換えることにしました。

 

諦めながらエアストーンを、表面が滑らかな物に変えました。激突して、ウロコが剥がれたものだと考えて…😢

 

 

さらにフラフラしながら、まだ、まっすぐ泳ごうと、もがいて、いました。

 

 

7/4  絶命

 

 

0.5%の塩水の中で、とても、苦しみました。ウロコの剥げ方は、尋常ではなかった。

 

塩になど入れず、自然に任せ、天寿を全うさせてあげた方が良かった…と思わざるを得ない最後でした。

 

 

今回、もしかしたら元気そうに見えてる間に、薬が必要だったのかもしれませんが、塩でこれほど苦しんだ金魚、薬で果たして治ることはあったのでしょうか…❓️

 

 

もしも、寒暖差のある環境が良くなく?水作りもうまくなかった?場合、徐々に免疫力は失われていき、何をしても助けられなくなるのだろうか…。金魚というのは、常に未病を抱えていて、ちょっとした変化で弱ってしまい、何かしら発症するのかもしれません。

 

では、最初にトリメンしていたら良かったのか?については、やはり何とも言えません。もしかしたら、うちでしばらくの間過ごしてくれることもなく、塩水浴がきっかけで、早々に旅立った可能性が無きにしも…(薬は、症状なくして使用は考えていませんm(_ _)m)。

 

実は「導入過程の最初のうちに塩水を施した金魚より、最初から何もしなかった金魚の方が、断然強く、長生きしている」ため、明らかな症状が見られない限り、もしくは、逆に元気で塩をものともしない?金魚でない限り…最初の塩水浴(トリートメント)は考えていないのです😐

 

 

しかし、どうも何か、その、未知のウィルス的な影が見え隠れしていたように…ふと思いました。この未解決の出来事、まだ続きます😣