すくい金魚

ブログ明け三歳☀️ 金魚と花と食べ物メインです🎵

一番長かった金魚の留守番

 

春めいてます〜☀️

 

 

f:id:funaosarasa:20200311105234j:plain

ちょっと早い誕生日ケーキが焼けました🎶

 

すぐに食べ切れないので、日持ちする大人バージョンです。ラム酒が足りなくてオレンジキュラソーを足しましたが、不思議な味になるのかな❔🍸(お酒オンチには分かりません😁)。

 

 

棚から落ちた赤ワインボトルは見事に割れて、実はワインクーラーだった玄関の金魚鉢はスツールから落ちはしなかったものの、飼い主の腕の中で更に大揺れとなってしまい、思い切り開け放ったドアの外の世界は、全てが歪んで見え大きく波打ってました。

 

 

5リットルくらい入るガラス容器に、小赤二匹を大事に飼ってました。飼い始めてから3年近く経ったある日の出来事です。

 

飼い主たちは避難を決意し、まだまだ余震が頻繁なさ中、二匹を残していくことになり、急いで仮の住まいを用意しました。揺れが度々起こるので風呂場に置き、更に水が飛び出ることのないようにと、30リット以上入るところ、二匹が入って20リットルくらいにかなり抑えて水をはりました。

 

f:id:funaosarasa:20200307122443j:plain

仮住まい (色違いの水色でした)

 

元気で…。戻る日はそう遠からずだと信じながらも、もしも長い長い別れになってしまったら…。覚悟を決めて、東京へと(実際にはどうにか千葉県内まで)送り届けてくれる手はずの地元タクシーが、ひび割れた国道6号を通り抜けやすい深夜、緊張しながら出発したのでした😢

 

 

自家用車は運悪くガソリンがほぼ空で、隣県で原発が爆発しても全く身動きがとれなかったところ、自分たちには実家という避難先があったため、その後もインフラ停止で大変だった地元民の善意に助けられたのです。

 

 

金魚たち、その後の話はこちら…

 

funaosarasa.hatenablog.com

 

 

f:id:funaosarasa:20200204100528j:plain

和金組のジュウとオウ、驚いただろうね…

 

 

あれから9年が経ちました。危うく小さな住まいから放り出されそうになりながらも、しっかり留守番してくれてた二匹は、とても良い金魚だったと思います。あの強さを理想として、これからも金魚たちを丈夫に飼っていければと思います😉

 

 

PS:隣の大国、ピークアウトです。日本はこれ以上「えっ?そんな人もいるんだ…」ということがなければいいのですが。(地中海に面している国はもしかしたらそうだった日本の姿ですが、ルールを守る国民力の差は歴然です。)

 

感染の出来る限りの封じ込めに成功するだけでなく、経済活動の打撃を最小限に抑えられて初めて、国の、というより国民の、秩序をわきまえた対策が成果を出したと言えるのでしょうか。日本がどちらもそこそこうまく出来るのかが、世界から注目されてます。 震災の時も、日本人の我慢強い姿に目が注がれました🌏